お薬に関するお悩み

舌下免疫療法の新薬「シダキュア」とは?

2019/11/19

はじめに

花粉症やアレルギー性鼻炎の治療にはいくつか種類がありますが、その中の1つが舌下免疫療法と言われるものです。今回は、この舌下免疫療法の新薬であるシダキュアについてご紹介します。花粉症が酷くて、舌下免疫療法を考えている方は是非チェックしてみて下さい。

舌下免疫療法とは

舌下免疫療法は、ダニアレルギー性鼻炎、スギ花粉症と診断された方が治療できる療法です。最初は少量の薬からスタートし、決められた量を継続して数年間使用しなくてはいけません。特別に難しい方法ではありませんので、最初に病院で使い方を教わり、2日目からは自宅で使用することが一般的です。
舌下免疫療法の効果として、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状を抑えることが期待できます。症状を完全に抑えられない方でも、症状を軽くしてアレルギー治療薬の服用量を減らすことができるでしょう。

舌下免疫療法の新薬シダキュアとは

シダキュアは2018年6月より処方が開始された舌下免疫療法の新薬です。これまで使われていた舌下免疫療法の薬はシダトレンというもので、対象年齢が12歳以上でしたがシダキュアは5歳以上でも内服可能となりました。
1日1回舌の下に使う薬で、最低でも3年は継続しなくてはいけません。また、定期的に病院に通い経過を見る必要があるため、きちんと通える方でないと治療は難しいです。舌下免疫療法は、長い期間を掛けて少しずつスギ花粉の反応を少なくしていく治療となります。無理なく治療ができる環境をつくり、毎日薬を服用する習慣を作ることを理解しておきましょう。

シダキュアの副作用

シダキュアは服用後、30分間は副作用の初期症状に気を付けましょう。口の中に痒みを感じたり、腫れたりする以外にも、頭痛や口内炎などが起こる方がいます。また、重大な副作用には、ショック症状やアナフィラキシー症状が出る方もいます。
舌下免疫療法を始めて1ヶ月程度は特に副作用が出やすい傾向がありますので、少しでも身体に異変を感じた場合は医師に相談するようにしてください。また、スギ花粉が飛散している花粉症シーズンも副作用が出やすいため十分に気を付けましょう。

花粉症かもしれないと思ったら病院で検査を受けよう

花粉症のシーズンに、目のかゆみや鼻水が止まらないなどの症状がある場合は花粉症かもしれません。近年では市販薬で花粉の症状を抑えられるものが多くありますので、一時的な症状を抑えるのには良いかもしれません。ですが、症状が毎年悪化するようであれば、一度花粉症の検査を受けてみることをおすすめします。自分がどのアレルギーに対して反応するのかを知ることで、自分に合った治療法を見つけることができるでしょう。

おわりに

舌下免疫療法の新薬シダキュアは、5歳以上から内服できる薬ですが毎日継続して服用し続けることや、定期的にきちんと病院に通う必要があります。もし、舌下免疫療法を考えているという方は、無理なく治療ができる環境を整えてから開始するようにしましょう。

杏仁薬局外観
受付時間
平日(月曜日~金曜日) 8:45~18:30
土曜日 8:45~17:15
夜間・休日 緊急連絡先:090-2602-9528

定休日:日曜日・祝祭日

  • かかりつけ薬剤師を持ちましょう。
    ~薬剤師が患者さん1人1人のお薬の管理や健康全般のアドバイスなどいたします~
  • 薬剤師による在宅訪問を実施しています。お気軽にご相談ください。