お薬に関するお悩み

ヒルドイドは赤ちゃんにも使えるってホント?

2019/04/25

はじめに

皮膚が酷く乾燥している方や、血行障害による腫れ・痛みなどに効果があるヒルドイドは、赤ちゃんから大人まで使うことが出来る薬です。ヒルドイドとは一体どんな薬なのかをご紹介します。

ヒルドイドは赤ちゃんでも使える

ヒルドイドは保湿剤なので、赤ちゃんから大人まで使うことが出来ます。赤ちゃんは肌がデリケートなので、大人よりも乾燥には気を付けなくてはいけません。お風呂上りは特に乾燥しやすいので保湿をしてあげる事が大切です。赤ちゃんの乾燥肌をそのままにしておきますと、かゆみが酷くなり皮脂欠乏性湿疹を発症する恐れがあります。湿疹が酷いと炎症を抑えるためにステロイド外用剤を使う事もありますので、そうならないためにも、乾燥が気になる場合は早めにヒルドイドを活用して赤ちゃんを乾燥から守ってあげましょう。

ヒルドイドは薬局でも購入出来る?

ヒルドイドは、皮膚科やクリニックで処方してもらわないと手に入れられないのですが、一時期、ヒルドイドを美容目的で使用するためにクリニックに行く女性たちが多くいる事が問題視されました。ヒルドイドの主成分は「ヘパリン類似物質」というもので、実は薬局に行けば同じ成分を含んだ保湿アイテムを手に入れる事が出来るんです。ヘパリン類似物質は、血行促進と保湿、抗炎症作用の3つの働きがあるため、乾燥肌に良いと言われている成分です。薬剤師にご相談いただければ、ヘパリン類似物質が含まれている保湿剤をご紹介しますので、お気軽に訪ねてみて下さいね。

ヒルドイドの使い方

ヒルドイドはソフト軟膏やクリームなど、剤形が5種類あります。夏場はローション、冬場は油分の多いクリームなど、季節によって使い分けても良いですし、ご自分の好みで選んでも良いでしょう。但し、剤形によって塗り方も異なりますので、解らない場合には薬剤師にご相談いただくことをおすすめします。軟膏タイプは人によってはベタつくのが気になる方がいるかもしれません。広範囲の使用は向きませんが、効果は長持ちしますので、特定の箇所に使いたい場合におすすめです。クリームタイプは全身に使うことが出来ます。しもやけなど、ハンドクリームとして使用する事もあるでしょう。ローションタイプは、ベタ付きもなく使いやすいという特徴があります。全身や背中など広範囲での使用に向いています。

ヒルドイドを顔に使う場合には

赤ちゃんは特に、頬が乾燥して真っ赤になる事がよくあります。ヒルドイドを使う時は、絶対に粘膜や傷口に塗らないように気を付けましょう。目や唇などに万が一ヒルドイドが付着した場合には、すぐに洗い流してあげて下さい。軟膏ですとベタ付きが気になるかもしれませんので、クリームタイプがおすすめです。

おわりに

ヒルドイドに使われているヘパリン類似物質は、当薬局でも取り扱いがありますので、乾燥肌や保湿が気になる方は是非薬剤師に相談してみて下さい。また、赤ちゃんにも使えますが、傷口や粘膜にはつかないように細心の注意を払いましょう。

杏仁薬局外観
受付時間
平日(月曜日~金曜日) 8:45~18:30
土曜日 8:45~17:15
夜間・休日 緊急連絡先:090-2602-9528

定休日:日曜日・祝祭日

  • かかりつけ薬剤師を持ちましょう。
    ~薬剤師が患者さん1人1人のお薬の管理や健康全般のアドバイスなどいたします~
  • 薬剤師による在宅訪問を実施しています。お気軽にご相談ください。