健康コラム

残暑続いてます!夏の貧血に注意!

2020/08/24

夏の貧血ってご存じですか?

お盆が明けた今日も暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。

さて今回は、今日から気を付けたい「夏の貧血」についてご紹介します。皆さんは夏場に貧血気味になる方がいらっしゃることをご存じでしたか?ここ数年では、猛暑日が続いて「熱中症予防」をしていきましょうとはよく聞くことですよね。でも実は、夏バテかも?と思ったら「貧血」だったということも起きているのです。これは、汗をかくことでミネラルを損失している状態になり、結果として貧血を招いているということになります。

こんな食事が続いていませんか?

暑い日が続くと、食事作りや食事の用意もなかなか身が入りませんよね。簡単にできてサラッと食べられるもので済ませることが多いかも知れませんが、このようなお食事や食生活が続いている方はいらっしゃいませんか?

夏に多い食事例・・・主食・単品だけ(ご飯だけ、麺だけ)の食事、料理をするのが暑いのでさっぱりした献立ばかり(麺類など)、汗をかくからたっぷりお茶を飲んでいる、夏だからダイエットをしている! など。

このような食事や食生活が続いている方は、もしかしたら「貧血」を招く恐れがあるかも知れません。このままでは残暑を乗り切ることができません・・・

残暑を乗り切る!食事の鉄則とは

では、日々のどんな食事の工夫があるとよいでしょうか。その鉄則をいくつかご紹介します。

1つ目は「食事を抜かない」こと。夏はエネルギー消費の最も激しい季節ですので、いつも以上にエネルギー(カロリー)をとる必要があるのです。欠食してしまうことで、体に蓄えられている筋肉・鉄分が消費されてしまいます。

2つ目は「夏こそたんぱく質をとる」です。鉄分補給には赤身の肉・魚がおすすめです。豆類も造血作用のある栄養素を補給することができますよ。

3つ目は「お茶・食物繊維はほどほどに」です。せっかく補給した鉄分を吸収阻害してしまいます。お茶を飲むときは食事前後がおすすめです。

4つ目は「プラスαの工夫を」です。例えばレモン果汁を使ってさっぱりと仕上げる、ハーブを使って香り豊かにするなどは、食欲増進だけでなく、鉄分補給を助ける役割もあるのでおすすめです。

暑さに負けずに過ごそう

今回は「夏の貧血対策」について食事面でのアドバイスをご紹介させていただきました。貧血予防の食事は、夏バテはもちろん、「免疫力アップ」にも役立ちます。新型感染症にも気を付けたい昨今ですので、ぜひ日々の食事にこれらの工夫を取り入れてみてはいかがでしょうか。

杏仁薬局外観
受付時間
平日(月曜日~金曜日) 8:45~18:30
土曜日 8:45~17:15
夜間・休日 緊急連絡先:090-2602-9528

定休日:日曜日・祝祭日

  • かかりつけ薬剤師を持ちましょう。
    ~薬剤師が患者さん1人1人のお薬の管理や健康全般のアドバイスなどいたします~
  • 薬剤師による在宅訪問を実施しています。お気軽にご相談ください。