健康コラム

腸内フローラを整えるための食事について

2020/02/06

はじめに

腸内フローラは、病気や肥満の原因に大きく関係すると言われているのをご存知ですか?
今回は、腸内フローラとは一体何なのか、腸内フローラを整えるための食事についてご紹介します。

腸内フローラとは?

腸内フローラは、各々異なる形を持っています。細菌が腸内にグループを作っており、電子顕微鏡で見るとまるで花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれています。
産まれたばかりの赤ちゃんは無菌状態ですが、出産のときにお母さんの菌を受け継ぐと言われています。大人になってから整えるには、発酵食品やオリゴ糖、食物繊維を意識して摂取すると良いですよ。

食物繊維やオリゴ糖を積極的にとろう

腸内フローラを整えるために必要なのが、腸に良い菌や食べ物を意識して摂取するということです。腸内細菌に良いエサだと言われているのが食物繊維であり、その中でも水溶性が良いとされています。
水溶性食物繊維は、海藻類やひじき、きんぴらごぼうや納豆などに多く含まれていることから、いわゆる昔ながらの日本食を意識して摂取するのがおすすめです。また、玉ねぎやバナナ、大豆類に多く含まれているオリゴ糖も良いと言われています。朝食に1品何かを足すときは、オリゴ糖を意識すると良いですよ。

発酵食品は塩分に気を付けよう

食物繊維やオリゴ糖以外にも、発酵食品も腸内フローラを整えるのに良い食品です。なかでもヨーグルトや納豆などは、腸内環境を整えるイメージが強いため、意識をして摂取している方も多いかもしれません。しかし、発酵食品には味噌やキムチなど、塩分が多い食品もありますので、適量を心がけましょう。

食べ続けることが大切

食事から摂取する善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)は、すぐに腸内に定着するものではありません。腸内環境は人間の食事をえさにして生きているため、先ほど挙げた食物繊維や発酵食品を食べ続けることで良い効果が実感できるようになるのです。食べても効果が実感できないからといってすぐにあきらめるのではなく、続けることが大切です。

おわりに

腸内フローラを整えるために良いと言われているのは、食物繊維やオリゴ糖・発酵食品であることがわかりました。生活習慣や食生活が乱れていると腸内も乱れやすくなるため、食事内容を今一度見直しましょう。
食事だけで腸内フローラを整えるのが難しいと感じる方は、整腸剤を活用してみる方法もあります。自分なりの方法を見つけて、腸内フローラを改善しましょう。

杏仁薬局外観
受付時間
平日(月曜日~金曜日) 8:45~18:30
土曜日 8:45~17:15
夜間・休日 緊急連絡先:090-2602-9528

定休日:日曜日・祝祭日

  • かかりつけ薬剤師を持ちましょう。
    ~薬剤師が患者さん1人1人のお薬の管理や健康全般のアドバイスなどいたします~
  • 薬剤師による在宅訪問を実施しています。お気軽にご相談ください。